News

第5巡回区連邦控訴裁判所がFDAを敗訴にし、Triton Distribution社とVapetasia社の再申請を認めた

第5巡回区連邦控訴裁判所がFDAを敗訴にし、Triton Distribution社とVape...

2024年1月3日、アメリカの第5巡回区連邦控訴裁判所は「FDA(アメリカ食品医薬品局)によるタバコの販売前申請(PMTA)が恣意的におこなわれている」として、Triton Distribution社とVapetasia社の電子タバコ製品に対してFDAが出した販売拒否命令(MDO)を無効とし、またFDAに対して両社の販売申請(PMTA)の審査を改めて行うよう命じました。

第5巡回区連邦控訴裁判所がFDAを敗訴にし、Triton Distribution社とVape...

2024年1月3日、アメリカの第5巡回区連邦控訴裁判所は「FDA(アメリカ食品医薬品局)によるタバコの販売前申請(PMTA)が恣意的におこなわれている」として、Triton Distribution社とVapetasia社の電子タバコ製品に対してFDAが出した販売拒否命令(MDO)を無効とし、またFDAに対して両社の販売申請(PMTA)の審査を改めて行うよう命じました。

イギリスの各地域では禁煙のサポートが無料でおこなわれており、ニコチンベイプも禁煙に活用されている

イギリスの各地域では禁煙のサポートが無料でおこなわれており、ニコチンベイプも禁煙に活用されている

 イギリスでは各地域(例、ウェールズ・スコットランド・北アイルランド)で禁煙をサポートするプログラムが無料で実施されています。 このプログラムは禁煙の専門家と禁煙に成功した人達が協力して考案したもので、禁煙アドバイザーが、禁煙に取り組む人々に対して禁煙薬を渡し、アドバイス(電話やビデオ通話も可)をおこなうといったものです。このアドバイスには応援メッセージだけでなく、ニコチンベイプを使用した禁煙方法や禁煙薬等についての説明も含まれているため、各個人に最適な禁煙のサポートをおこなえるようになっています。

イギリスの各地域では禁煙のサポートが無料でおこなわれており、ニコチンベイプも禁煙に活用されている

 イギリスでは各地域(例、ウェールズ・スコットランド・北アイルランド)で禁煙をサポートするプログラムが無料で実施されています。 このプログラムは禁煙の専門家と禁煙に成功した人達が協力して考案したもので、禁煙アドバイザーが、禁煙に取り組む人々に対して禁煙薬を渡し、アドバイス(電話やビデオ通話も可)をおこなうといったものです。このアドバイスには応援メッセージだけでなく、ニコチンベイプを使用した禁煙方法や禁煙薬等についての説明も含まれているため、各個人に最適な禁煙のサポートをおこなえるようになっています。

イギリス政府によるニコチンベイプの調査結果

イギリス政府によるニコチンベイプの調査結果

2022年9月29日、イギリス政府はニコチンベイプについての調査結果を公表しました。主な調査結果は以下の3点です。 ニコチンベイプのリスクはとても小さい ニコチンベイプの使用者と傾向 ニコチンベイプは禁煙に役立つ

イギリス政府によるニコチンベイプの調査結果

2022年9月29日、イギリス政府はニコチンベイプについての調査結果を公表しました。主な調査結果は以下の3点です。 ニコチンベイプのリスクはとても小さい ニコチンベイプの使用者と傾向 ニコチンベイプは禁煙に役立つ

ニコチンベイプは禁煙に役立つ

ニコチンベイプは禁煙に役立つ

ニコチンベイプが禁煙に役立つ理由をいくつか紹介していきます。    まず、喫煙者は紙タバコを吸うとき「紙タバコを手から口へ持っていき、煙を吸うことで喉の奥を刺激する」という身体的な動作をおこないます。これは、ニコチンベイプを使用する動作と非常に似ているため、禁煙に役立ちます。さらに、ニコチンベイプは、ニコチンパッチやガムといった他の禁煙デバイスと比較して、禁煙の成功率が2倍も高いです。 次に、紙タバコにはタールや一酸化炭素などの有害物質が含まれていますが、ニコチンベイプには含まれておらず、、、、

ニコチンベイプは禁煙に役立つ

ニコチンベイプが禁煙に役立つ理由をいくつか紹介していきます。    まず、喫煙者は紙タバコを吸うとき「紙タバコを手から口へ持っていき、煙を吸うことで喉の奥を刺激する」という身体的な動作をおこないます。これは、ニコチンベイプを使用する動作と非常に似ているため、禁煙に役立ちます。さらに、ニコチンベイプは、ニコチンパッチやガムといった他の禁煙デバイスと比較して、禁煙の成功率が2倍も高いです。 次に、紙タバコにはタールや一酸化炭素などの有害物質が含まれていますが、ニコチンベイプには含まれておらず、、、、

アメリカ電子タバコ協会は解散するが、会長は電子タバコ普及活動継続へ!!

アメリカ電子タバコ協会は解散するが、会長は電子タバコ普及活動継続へ!!

2023年10月、アメリカ電子タバコ協会(AVA)は解散を発表しました。

アメリカ電子タバコ協会は解散するが、会長は電子タバコ普及活動継続へ!!

2023年10月、アメリカ電子タバコ協会(AVA)は解散を発表しました。

紙タバコをやめて電子タバコを吸う人が増えている!!

紙タバコをやめて電子タバコを吸う人が増えている!!

国民健康調査(NHIS)[1]によると、2022年のアメリカの紙タバコの喫煙率[2]は過去最低の11.2%でした。紙タバコの喫煙率については1997年が24.7%、2009年が20.6%であり、紙タバコの喫煙率は近年急激に減少しています。

紙タバコをやめて電子タバコを吸う人が増えている!!

国民健康調査(NHIS)[1]によると、2022年のアメリカの紙タバコの喫煙率[2]は過去最低の11.2%でした。紙タバコの喫煙率については1997年が24.7%、2009年が20.6%であり、紙タバコの喫煙率は近年急激に減少しています。