タバコ銘柄のイメージを紹介!人気煙草12種類のかっこよさ・偏見も解説!

タバコの銘柄によって、吸っている人のイメージがあることをご存じでしょうか。

「この銘柄のタバコを吸っているのは好青年のイメージ」とか、「この銘柄のタバコを吸っているのは女の子のイメージ」とか、実は喫煙者の中ではタバコの銘柄ごとにイメージをもっていることがあります。

そんなタバコの銘柄のイメージを、みんなが吸ってる人気な12銘柄を厳選し、徹底解説します!

イメージを構成する3要素

イメージは、味や吸いやすさ(タールの量)・歴史・パッケージなどのいろいろな要素によって構成されています。

非喫煙者の方にとって、これだけ知っておけば間違いない!という銘柄を選びましたのでご安心ください。

喫煙者の方にとっても、イメージの由来など雑学になる知識を解説しているのでぜひご覧ください!

味や吸いやすさ(タールの量)

銘柄のイメージを構成する要素の1つ目は、吸いごたえ(タールの量の多さ)の強さです。タールの量が多ければ多いほど、がつんと濃い煙が肺に入ります。そのため、タールの量が多い方がより肺に大きな影響を与えます。

タールの量が少ないほど吸いやすく、多いほどタバコは、喫煙になれていないと喉を痛める可能性が高いです。

タバコに慣れている人は年齢的にも大人な人が多いため、大人なイメージがあります。 

▶️タールの量のタバコランキングはこちら

歴史

銘柄のイメージを構成する要素の2つ目は歴史です。歴史が長ければ、昔から愛されてきたブランドとしての魅力があります

タバコは文化なので、社会の流行と共に廃れたり流行ったりしますが、その流行に乗ったブランドの魅力がイメージを作り出すと言えますね。l

パッケージ

銘柄のイメージを構成する要素の3つ目はパッケージです。

パッケージはアクセサリーの一種と考えればわかりやすいです。色やロゴなどがタバコによって全く違います。

特に、赤マル・金マル・赤ラーク・ブラメン(ブラックメンソール)など、愛称に色がついていることから、パッケージがタバコのイメージと大きく関わっていることは間違いありません。


タバコの銘柄イメージ12選!

上記で説明したイメージ3つ全てを考慮して、12銘柄を厳選しイメージについて解説していきます。

以下の銘柄は、喫煙者の人気銘柄でもあるので参考にしてみてください。

マールボロ(マルボロ・赤マル)

「マールボロ」はフィリップモリス社によって製造され世界中で最も認知されているタバコ銘柄です。「マルボロ」「赤マル」の愛称で親しまれ、特に「赤マル」は、シンボルカラーである赤いパッケージが特徴的です。

1950年代にカウボーイをフィーチャーした広告により、世界中に認知されるようになりました。味わいは濃厚で強いキック感があり、特にニコチンの強さを好む喫煙者に人気です。吸いやすさは中程度で、タバコの初心者よりも経験のある喫煙者に向いています。

好青年の人や誠実な人のイメージがあります。

メビウス(旧マイルドセブン)

「メビウス」は、日本を代表するブランドで、JT(日本たばこ産業)によって製造されているタバコ銘柄です。メビウスの特徴は、その滑らかな喫煙感と軽い吸い心地です。吸いやすさは非常に高く、特に初心者や軽いタバコを好む喫煙者に人気があります。

1977年に「マイルドセブン」として発売され、日本国内では長年にわたりトップブランドの地位を保持しています。2013年には国際市場での競争力を高めるために「メビウス」へとリブランドされました。

爽やかな人や誠実な人のイメージがあります。

セブンスター

「セブンスター」は、 日本たばこ産業(JT)によって製造されているタバコ銘柄で、JTによると日本国内売上No.1の商品です。

セブンスターはフィルターに活性炭を使用したことでクリアな味わいを実現したのに加え、濃厚な風味と深い味わいもあります。吸いやすさは中程度で、豊かな風味を楽しむ喫煙者におすすめです。

若者であればかっこいいイケメン、年齢が高い人であれば、少しやんちゃなイケおじというイメージがあります。

ラッキーストライク

「ラッキーストライク」は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)によって製造されているタバコ銘柄です。強いタバコの風味としっかりとした喫煙感で、伝統的なタバコの風味を好む喫煙者が多いです。

吸いやすさは中程度で、濃厚な味わいを楽しみたい人におすすめです。第一次世界大戦中にアメリカ兵に配られたことで有名になりました。

タバコ本来の味を楽しみたい人が吸っているイメージがあります。

アメリカン・スピリット

「アメリカンスピリット」は、サンタフェ・ナチュラル・タバコが製造し、日本国内ではJT(日本たばこ産業)が販売するタバコ銘柄です。アメリカン・スピリットはナチュラルでヘルシー志向のイメージを持ち、無添加タバコの代表格です。

添加物を一切使用しておらず、環境保護やフェアトレードなども積極的に取り組んでいるため、意識が高いたばこブランドです。吸いやすさはやや低く、しっかりとしたタバコです。

シンプルでありながら味わい深いイケおじや、マイペースな自分の時間で生きている人が吸っているイメージがあります。

ラーク

「ラーク」は、フィリップモリスによって製造されているタバコ銘柄です。強めのニコチン感と豊かな香りが特徴のタバコです

都会的でモダンなイメージがあり、特に男性に人気があります。吸いやすさは低〜中程度で、しっかりとしたタバコ感を楽しみたい人におすすめです。

スマートで都会的、賢い人が吸っているイメージがあります。

キャメル

「キャメル」は、R.J.レイノルズによって製造されているたばこのブランドで、日本では 日本たばこ産業(JT)が販売しています。キャメルといえばパッケージのラクダが特徴的で、ナッツの風味と甘みがあることで知られています。

吸いやすさは中〜高程度で、たくさんの種類があります。キャメルはキャメルならではのエキゾチックで冒険的なイメージがあり、個性的なタバコの風味があります。

個性的で自分軸を持っている人が吸っているイメージがあります。

ピース(Peace)

「ピース」は、日本たばこ産業(JT)によって製造されているたばこのブランドです。

高級感とエレガンスさをもち、甘い香りと滑らかな喫煙感が特徴的です。吸いやすさは高く、香りの味わい深さがあります。 タール量の多くピース独特の香りがあります。

イケてるおじさまや芯のぶれない人のイメージがあり、かっこよさがあります。

ホープ

「ホープ」は、 日本たばこ産業(JT)が製造するタバコです。ホープはシンプルでクラシックなイメージがあり、ミニシガーのような煙が特徴的な存在感があります。

小さなサイズながら、強い喫煙感があり、吸いやすさはやや低めです。しっかりとしたニコチン感を求める喫煙者に好まれます。

癖が強い人、独特の感性を持っている人のイメージがあります。

ウィンストン

「ウィンストン」はR.J.レイノルズによって製造され、日本では 日本たばこ産業(JT)が販売しています。

アメリカンスタイルのタバコで、バランスの取れた味わいとバニラの香りが特徴的で、吸いやすさは中〜高程度です。

優しい人当たりのいい人が吸っているイメージがあります。

ハイライト

「ハイライト」は、日本たばこ産業(JT)によって製造されています。

タール量が17mgと高く、吸いごたえがあるのに加えて、ラム酒の香料が使われており、甘い香りも特徴的です。日本のタバコらしいノスタルジックなイメージがあります

昔からタバコが好きな気が強い人、自分のセンスを持った価値観が強い人が吸っていイメージがあります。

ピアニッシモ

「ピアニッシモ」は、 日本たばこ産業(JT)によって製造されています。ピアニッシモといえば、女性的でエレガントなタバコで有名です。

フレーバーのバリエーションが豊富で軽い喫煙感が特徴的です。もちろん吸いやすさは非常に高いです。

やはり女性らしいひと、ギャルのように仲間意識が高い人が吸っているイメージがあります。

タバコの銘柄イメージのまとめ

タバコの銘柄のイメージ12銘柄について本記事では解説しました。タバコの銘柄ごとのイメージは、味や吸いやすさ(タールの量)、歴史、パッケージで主に構成されています。

タバコにはそのブランドそれぞれの歴史がありストーリーがあります。そのストーリーを探ってみるのも面白いと思います!人それぞれのタバコの銘柄が違っていてそのイメージがあるのは改めて面白いですね!

自分に合った銘柄を探してみてはいかがでしょうか?

Back to blog