クールスモーキングとは?ださい?やり方、メリット・デメリットまで徹底解説

喫煙者がたまに口にする「クールスモーキング」について徹底解説します。

クールスモーキングとは何か知らない人へ向けて文章を書いたので、これを見れば誰でもできるようになります!

クールスモーキングとは、味わうように一本一本丁寧にタバコを吸う吸い方です。このやり方をマスターして、たばこ本来の味を楽しみましょう!

クールスモーキングとは?

クールスモーキングとは、タバコの吸い方の一つで、一本のタバコを大事に、丁寧に、吸う方法です。この吸い方の名称が「クール(冷たい)」である理由は、タバコを燃やす温度を高すぎないようにし、低温でゆっくりと吸うことが言葉の由来となっております。

クールスモーキングをすることで、タバコの風味や香りをより深く楽しむことができます。

また、低温で吸うことで、タバコの苦味やえぐみを抑え、タバコ本来の味わいを堪能することができます。クールスモーキングは、タバコを急いで吸うのではなく、リラックスしながら一服を楽しむための喫煙スタイルです。

クールスモーキングのやり方

クールスモーキングは、口腔喫煙に似ています。よく言われる「ふかし」と同じようなもので、肺には煙を入れません

煙を口の中でためて、口の中でゆっくりと流動させます。このとき、煙の量は少なく、丁寧に吸うことが重要です。

急いで吸わず、ゆっくりとタバコの味と香りを楽しむことがポイントです。

詳しい方法については、以下の動画を参考にしてください。
▶️クールスモーキングのやり方

クールスモーキングのメリット

クールスモーキングには、主に3つのメリットがあります。

それは、コストパフォーマンスの向上と、タバコ本来の味わいを楽しめること、そしてリラックス効果です。

以下ではそれぞれ詳しく解説していきます。

クールスモーキングによるコスパの向上

コスパがよくなる クールスモーキングでは、タバコを無駄に燃焼させないため、一本をより長く吸うことができます。

一本を丁寧に吸うことで、今まで吸っていた量を減らしても満足感が得られます。 これにより、タバコの消費量が減り、結果的にコストパフォーマンスが良くなります。

吸った感がしっかりとあるため、節約しながらも満足できるのが大きなメリットです。

タバコ本来の味わいを楽しめるクールスモーキング

タバコ本来の味を楽しめる クールスモーキングでは、タバコの葉が高温になりすぎないため、タバコの味や香り、甘みを感じることができます。

高温で吸うと、苦味やえぐみが出てしまい、本来の味を楽しめないことがありますが、クールスモーキングではそのような心配がありません。

銘柄ごとの違いを大きく感じられるので、タバコの味わいを深く堪能したい方に最適です。

リラックスできるクールスモーキング

クールスモーキングでは、タバコを丁寧に吸うことで落ち着き、リラックス効果があります。

ゆっくりとタバコを楽しむことで、タバコ本来の嗜好品としての魅力を再認識できます。

クールスモーキングのデメリット

クールスモーキングにはデメリットもあり、主に以下の2点です。

時間がかかる

クールスモーキングは、丁寧に吸うため、通常の喫煙よりも時間がかかります。

一般的にタバコを吸うのに4分ほどかかりますが、クールスモーキングでは6分ほどかかることが多いです。

このため、忙しい時には適さないかもしれません。

肺に入れない

クールスモーキングは、煙を肺に入れないため、ニコチンの摂取量が少なくなります。

そのため、ニコチンが必要なときには物足りなさを感じることがあります。

クールスモーキングをするなら電子タバコもおすすめ!!

電子タバコは、クールスモーキングに適しています。電子タバコの場合、ぶどうやマンゴーなどの様々なフレーバーを楽しむことができます

ノンニコチンのものもあるため、健康への影響を抑えながら喫煙を楽しむことができます。

特に、クールスモーキングのようにじっくりまったりと吸う方法は、電子タバコと非常に相性が良いです

▶️LOSTMARY(ロストマリー)をチェックしてみる

電子タバコならLOSTMARY!

LOSTMARYは、電子タバコの中でも特におすすめのブランドです。多様なフレーバーがあり、ノンニコチンのオプションも豊富です。

高品質なデバイスで、快適な喫煙体験を提供します。においも部屋に残らず、パートナーの前でも喫煙が可能です。

クールスモーキングを楽しみたい方にも、そうでない方にも、LOSTMARYの電子タバコはぴったりです。

LOSTMARYを購入するなら、当サイトで日本語で便利に購入できます。クレジットカード決済可能で、公式LINEではクーポンも配布しているのでぜひ利用してみてください。

▶️LOSTMARY(ロストマリー)をチェックしてみる

Back to blog