ベイプ(VAPE)の日本の死亡例はある?ニコチンなしの電子タバコの健康被害・身体に悪いのかを徹底検証

結論、ベイプ(VAPE)の日本での死亡例は現在ありません。

本記事では、ベイプ・電子タバコの健康被害・身体に悪いのかなどを世界の論文から徹底検証し、解説していきます。

ベイプ・電子タバコで禁煙・節煙をしたいけど危険性が気になるという方は必見です。

ベイプ(Vape)の日本での死亡例は現在ない!

結論として日本での死亡例はまだ起きていません。恐らくベイプ使用で死亡をするとニュースなどで取り上げられ、行政も取り扱いの際に注意喚起をするはずですが、そのようなこともありません。

しかし、アメリカを中心とした海外において、ベイプを使用した人の死亡例があります。粗悪な製造によるリキッド入りのベイプを使用した人が亡くなっています。この事例を見ると、粗悪なリキッドを使用していることが原因のようです。

具体的には、ベイプを使用していた若者が突然意識を失ったり、肺疾患などを患って入院や死亡するという事例があります。しかし、実際に倒れた人は、通常のリキッドではなく、そこに大麻などの麻薬成分を混合させて利用していたことがわかっており、麻薬が原因で中毒症状を引き起こしたことが分かっています。

そのため、正規販売されているベイプは安全と言って間違いないでしょう。

ベイプ(VAPE)・電子タバコの健康被害の検証|イギリス

以下では、ベイプ(VAPE)・電子タバコの健康への有害性を、イギリスの研究結果から2つほど引用し解説いたします。

今回は、LOSTMARY(ロストマリー)というニコチン入りのベイプ(VAPE)・電子タバコの事例を紹介いたします。

イギリスのネイチャー誌の研究結果

実際に、イギリスの総合学術雑誌ネイチャーが発表した答えは「健康被害はない」でした。科学誌として非常に信頼性のおけるネイチャーに掲載されるほどの根拠があり、これを研究したのはイタリアのカターニア大学とアメリカのカリフォルニア・ロサンゼルス大学のチームです。

研究内容は、ベイプを吸っている人と吸っていない人の心肺、循環機能における数値をさまざまな観点から観測することでした。3年半の期間をもって行われた研究です。観測したのは血圧、心拍数、体重、肺機能、呼吸器の症状、呼気中の二酸化炭素や一酸化炭素、肺の高解像度断層写真です。

詳細に取られたデータから、結果的に健康被害がないと判断されました。これまでベイプは世界中で害はないと言われてきましたが、信頼のおける研究結果が出たことで確定的になりました。世界的な権威を持つ学術雑誌で発表されたというだけでも、心配していた人の安心感を得られたことでしょう。

引用:ネイチャー誌

イギリスの保健省の発表

さらに、イギリス保健省の管轄にあるイングランド公衆衛生庁が、電子タバコの有害性は紙巻きタバコの95%以下であると認める発表がされています。一般的なタバコと比較して、健康被害が少ないという正式な発表です。

以前はベイプは紙巻きタバコと同様に健康被害があるという説もありましたが、イギリス保健省の発表により安心感が増しました。実際にイギリスでは2007~2011年の禁煙成功者がほとんど変わらないのに対し、電子タバコが広まった2011~2016年の間に禁煙成功者が上昇したという結果が出ています。

イギリス内科医師会によると、紙巻きタバコの代わりに電子タバコを広く促進すると伝えています。また、公衆衛生において電子タバコは有益であるとも述べています。これらを経て、イギリス政府は電子タバコを正式に禁煙補助具として認定し、医療機関でも医薬品と同様に処方されるようになりました。

引用:GOV.UK

ニコチンなしのベイプ(Vape)・電子タバコと紙巻タバコ・加熱式タバコの比較

電子タバコ・ベイプ(VAPE)には健康被害がないと言われますが、他の加熱式タバコや紙巻きタバコと比較するとどのような結果になるのでしょうか。

紙巻タバコ

まず紙巻きタバコですが、一般的に市販されているタバコが該当します。紙巻きタバコにはニコチンやタール、一酸化炭素という有害性物質が含まれています

タールは発がん性物質が数百種類含まれているとされ、歯を黄色く変色させます。一般的にヤニと呼ばれるもので、歯だけでなく室内の壁や天井を黄色くするのもタールが原因です。

一酸化炭素も血管の動脈硬化を促すと言われており、酸素不足を引き起こす作用があります。

加熱式タバコ

加熱式タバコもベイプと同様に電子タバコと呼ばれています。しかし、紙巻きタバコと同じくニコチン、タール、一酸化炭素が含まれています

ただ、一酸化炭素の量は紙巻きタバコの1/100程度であり、健康を考えてこちらに変更する人も大勢います。

ベイプ(VAPE)・電子タバコ

ベイプにはニコチンソルトと呼ばれるリキッドがあり、こちらを使用するとニコチンを楽しむことができます。

しかし、タールや一酸化炭素は含まれていないので、比較的安心です。もちろんノンニコチンのリキッドを使用すればニコチンも抜きで風味を楽しめます。

紙巻きタバコや加熱式タバコと比べると健康被害もほとんどなく、副流煙によるリスクもありません。タールが含まれなければ嫌な臭いも抑えることができるためメリットが多いです。

ベイプ(Vape)・電子タバコのリキッドに含まれる成分は?

ベイプ(VAPE)・電子タバコのリキッドに含まれている成分はプロピレングリコール(PG)・植物性グリセリン(VG)・香料の3つです。

結論、全て安全です。それでは、3つの成分を詳しく見ていきましょう。

プロピレングリコール(PG)
無色の無味無臭の液体であり、化粧品や食品に多く使用されています。また、喘息の薬にも使用されているなど、人体への悪影響は非常に少ないです。

植物性グリセリン(VG)
保湿剤や保存剤としても幅広く使用されており、化粧水ローションや美容液にも使用されています。

グリセリンと言う成分は高温で沸騰させると発がん性物質が発生することもあります。しかし、電子タバコはグリセリンを沸騰させる程の高温は出ないため、グリセリンによる発がん性物質について気にする必要はありません。

香料
スーパーやコンビニなどの加工食品にも使用されており、、人体への影響は特に気にする必要はありません。

したがって、リキッドは安全ということが分かってもらえたかと思います!

ただし例えば、猫はプロピレングリコールを代謝できず溶血性貧血(泥酔・錯乱)を起こす可能性があります。

ペットがいる環境下では吸うのを避けた方が良いでしょう。

MyMoodsでは安全なベイプ(Vape)・電子タバコを日本語で安全にお届け
 

My Moodでは安全なベイプのみを扱っています。日本語で対応していますので安心してご相談いただけます。

当サイトは個人輸入という形で安心安全なベイプブランドを提供しており、手軽に安心してニコチンベイプを購入可能です。

$120以上の購入で送料無料で、提供していますので気になった方はぜひチェックしてみてください。

▶️MyMoods公式サイトはコチラ

Back to blog