ふかしタバコはダサい?ふかしタバコの見分け方について徹底解説!

ふかしタバコはダサい?ふかしタバコの見分け方について徹底解説!

ダサい吸い方、初心者感がすごいなど思われてしまうネガティブなイメージの多いふかしタバコですが、ふかしを見分ける方法について解説します。

また、周りにふかしタバコと思われないようにするにはどう吸う方法も知っておきましょう!

とはいえ、ふかしタバコはダサいわけではないです。ふかしには、ふかしの楽しみ方があるので気にすることはないです。

ふかしタバコとはどんな吸い方?肺に入れる方法との違いとは?

ふかしタバコとは、煙を肺に入れずに口の中だけで味わう吸い方です。(別名クールスモーキング)この方法では、タバコの味わいや香りを楽しむことができますまたふかしタバコのメリットとして、肺への負担が少ないことが挙げられます。

しかし、口腔がんのリスクが高まりやすいことや、歯が黄色くなりやすいというデメリットもあります。また、周囲から「ダサい」と思われることもあるかもしれません。

一方で、肺に入れる吸い方のメリットは、リラックス効果が高まることです。デメリットとしてヤニクラ(急に気分が悪くなる現象)やむせることがあり、多くの有害物質を取り込んでしまうリスクがあります。

ふかしタバコの見分け方3選

以下では、ふかしタバコの見分け方を3つ紹介していきます。

煙の色が濃い

ふかしタバコの特徴の1つは、煙の色が濃いことです。

肺まで煙を入れると、肺の空気と混ざって煙が薄くなりますが、ふかしでは煙が口の中だけに広がるため、より濃い煙が見えます。

煙の形が丸い

ふかしタバコの煙は、口から出る際にふわっとした丸い形になります。

対して、肺まで煙を入れると、吐き出す際に勢いがついて線状の煙になります。この違いは、一目で見分けることができます。

早く煙を吐き出す

ふかしタバコの場合、煙を吐き出すタイミングが早いのが特徴です。

通常の呼吸よりも速いペースで煙を吐き出すことが多いため、ふかしタバコを見分けるポイントとなります。

ふかしタバコとバレずに吸う方法がある!?

続いて、ふかしタバコとバレない方法について2つ解説していきます。

クールスモーキングを意識する

クールスモーキングとは、タバコをゆっくりと吸う方法です。この吸い方をすることで、タバコの燃焼温度が下がり、有害物質の生成が減少します。

また、ゆっくりと吸うことで、ヤニクラやむせることを防ぐことができます

クールスモーキングをマスターすることで、初心者でも肺に煙を入れて吸っているかのように見せることができます。

最初に空気を吸って早く吐く

ふかしタバコを吸う際に、最初にこっそりと空気だけを吸って肺に貯めておきます。

の後、タバコを口の中だけでふかし、吐くときには大きく肺から息を吐き出します。

これにより、煙が肺の空気と混ざって勢いよく出るため、見た目には肺に煙を入れているように見せかけることができます。

そもそもふかしタバコはダサい事ではない!

ふかしタバコは決してダサいことではありません。実際に、葉巻などの高級タバコではふかし吸いが一般的です。

ふかし吸いはタバコの味や香りを楽しむための一つの方法であり、肺喫煙の劣化版ではありません。むしろ、タバコの真の味を知るための上級者向けの吸い方とも言えます。

ふかしタバコの特徴を理解し、自分に合った吸い方を楽しんでください。

Back to blog