ニコチンリキッド・Vapeの個人輸入方法を解説|ELFBAR(エルフバー)

ニコチンリキッド 電子タバコ ELFBAR 個人輸入

 ニコチン入りのリキッド・電子タバコ(Vape)は、厚生労働省薬事法により日本では販売されていません。そして、国内での譲渡・販売が禁止されています。

ニコチン入りのリキッド・電子タバコ(Vape)を手に入れるには海外で購入するか、個人輸入するしかありません。

「ニコチン入りのリキッド・電子タバコ(Vape)を買いたいけど、どこで買うの?」

「個人輸入が必要?」

などニコチン入りリキッドについて、個人輸入などを考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。本記事では近年世界中で人気が急上昇しているELFBAR(エルフバー)を例に説明していきます。

1.ニコチンリキッド(電子タバコ)と普通のベイプの違いニコチンリキッド 違い

普通のベイプ・電子タバコは、ニコチンやタールを含まないリキッドを蒸発させて、その水蒸気を吸引するものです。

様々なフレーバーがありますが、ニコチンが入っていないというのが大きな特徴で、名称は電子タバコとなっていますが正確にはタバコではありません。

一方でELFBAR(エルフバー)などのニコチンリキッドには、ニコチンが含まれています。リキッドの中のニコチンの含有の有無が大きな違いです。

2.ニコチンリキッド(電子タバコ)|ELFBARの人気があるの理由
ニコチンリキッド 電子タバコ ELFBAR 人気理由

ニコチンリキッド・電子タバコ(Vape)の中で、近年世界的に人気が急上昇しているELFBAR(エルフバー)というブランドが非常におすすめです。

実際アメリカでは、ELFBAR(エルフバー)はユニコーン企業のJUULに次ぐ著名な電子タバコブランドの一つです。

日本ではニコチン入りの電子タバコはまだまだ使用者が少なく珍しいですが、これから急速に人気が高まっていくことでしょう。そこで、ELFBAR(エルフバー)の特徴を以下では2つ紹介していきます。

  1. デザインが可愛い
  2. フレーバーの種類が豊富

デザインが可愛いELFBAR(エルフバー) 特徴

ELFBAR(エルフバー)はシンプルかつ非常に可愛らしいデザインなので人気があります。初心者でも扱いやすいペン型のデザインがあるのも人気のひとつです。

パステルカラーの色味でおしゃれなロゴも入っているデザインの外観が非常に可愛いので、外に持ち歩きたくなります。

スタイリッシュなデザインでありながらパフ回数(吸引回数:5000回)もあるので満足できますし、便利な充電式で長時間使用することも可能また、購入後充電不要で使える上、使い捨てで利用できるので、管理も簡単です。

>>ELFBAR(エルフバー)とは何かについて徹底解説

フレーバーの種類が豊富ELFBAR(エルフバー) 味 フレーバー

ELFBAR(エルフバー)はフレーバーの種類が非常に豊富です。一番人気のメンソール系の匂いからフルーツのフレーバー、デザート系ののフレーバーもあります。

初心者の方におすすめのフレーバーはフルーツ系です。タバコと違って、様々なフレーバーを楽しめるのはELFBAR(エルフバー)の大きな特徴と言えます。せっかくならタバコにはないELFBAR(エルフバー)独自のフレーバーを楽しんでみてください。

使い捨てで利用できるのがELFBARの特徴なので、気楽にフレーバーチェンジができるのも魅力の一つと言えます。

>>ELFBAR(エルフバー)の人気フレーバー・味について徹底レビュしてみた!


3.ニコチンリキッドは日本では販売禁止ニコチンリキッド 電子タバコ 日本

ニコチン入りの電子タバコは日本では販売されていません。普通のタバコはタバコ葉を加熱することによってそこに含まれているニコチンを吸っていますが、ELFBAR(エルフバー)等のニコチンリキッドはタバコ葉ではなくニコチンそのものを扱っています。

そのため、薬機法により薬品扱いとなり、国内での譲渡・販売が禁止されています。そのためニコチン入りの電子タバコを手に入れるには海外で購入するか、個人輸入するしかありません。

日本にはまだない、日本で手に入れられないという特別感も人気の一つかもしれません。

4.ニコチンリキッド(ELFBAR)は誰でも個人輸入できる?ニコチンリキッド ELFBAR(エルフバー) 個人輸入

日本はニコチンリキッドの譲渡販売が禁止されていますが、国内でニコチンリキッドを含む電子タバコを使っている人がいます。それはニコチンリキッドの使用所持は禁止されていないからです。そのため、個人的にELFBAR(エルフバー)を楽しむために海外で購入したり、個人輸入することは違法にはなりません。日本の場合、20歳以上であれば誰でも個人輸入することができます。

ELFBAR(エルフバー)は、アメリカからの個人輸入となるので、注文してから商品が手元に届くまでに7〜10日間程度かかる点は理解しておきましょう。

また税法上、輸入する商品には関税がかかります。関税は送料を除いて、16,667円以上の商品を輸入すると、商品代金のおよそ9%と手数料の1,000円が課税されます。そのため、一度に大量にELFBARを輸入するよりも、免税となる金額以下で複数回に分けて購入することがおすすめです。

※ 関税・配送方法について – My Moods


5.ニコチンリキッド・電子タバコの薬事法による個人輸入上限ニコチンリキッド 電子タバコ 薬事法 個人輸入

厚生労働省により電子タバコ用のニコチンを含有するリキッドは薬品に該当するとされていますが、1ヶ月の用法用量を超えないのであれば自由に個人輸入できます。この量を超えると税関を通過することができず、薬監証明が必要になります。

厚生労働省で定められている1ヶ月分の目安とされているのが、リキッドの場合120ml、使い捨てVAPE(ELFBAR等)は12000パフです。

海外で購入して日本に持ち帰る場合も120ml、12000パフを超えることはできません。せっかくだからとまとめ買いはできないというわけです。代行業者を利用して通販で個人輸入する場合も一度に120ml、12000パフを超える注文をすることはできません。

※参考 厚生労働省医薬品輸入手続質疑応答集


6.ニコチンリキッド・電子タバコ(ELFBAR)を個人輸入できるサイト「My Moods」 ニコチンリキッド ELFBAR(エルフバー) MyMoods

ELFBAR(エルフバー)を個人輸入で購入できるオススメのサイトがMy Moodsです。アメリカで大人気のニコチンベイプELFBARを簡単に購入できるサイトになっています。

Amazonなどの大手ECサイト同様に、購入したい商品をカートに入れて、購入手続きを行うことができます。支払いは「PayPal」「クレジットカード決済」「銀行振り込み」の3つを選ぶことができます。

My Moodsで、ELFBARは税込で1つ5,000円から購入できます。1注文当たりの輸入制限として12000パフまでとなっており、ELFBARは1つ5000パフとなるため1注文当たり2つ購入できることとなります。

通販サイトで購入する際は、商品の安全性や信頼性を確認することが大切です。My Moodsは、販売元がラスベガスに本社を構えるMy Moods LLC、ECサイト運営法人が愛知県にある株式会社ViONです。海外からの輸入でトラブルが起きた時でも、日本語で相談できるのは嬉しいポイントですよね。

My Moods会社概要


7.世界で人気のELFBARを個人輸入して日本で楽しもう!ニコチンリキッド ELFBAR(エルフバー)

ELFBAR(エルフバー)が人気なのは電子タバコでありながらニコチンを楽しむことができ、様々なフレーバーという特徴があったからでした。使用する上限さえ守れば個人で自由に楽しむことができます。

信頼できる輸入業者を選んで、ELFBAR(エルフバー)を個人輸入することにしましょう。いち早く海外の流行りを取り入れたい人は特に是非試してもらいたいです。スタイリッシュなデザインで人目を引くこと間違いなしです。

ブログに戻る