【最新】ピアニッシモメンソール4種類について徹底解説|女性におすすめな銘柄・タバコも紹介

【最新】ピアニッシモメンソール4種類について徹底解説|女性におすすめな銘柄・タバコも紹介

本記事では、現在コンビニで売られているタバコの、ピアニッシモメンソール4種類について徹底解説しています。

いくつかの銘柄は2024年6月以降、販売終了になってしまうので、それ以外の販売銘柄をピックアップして紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ピアニッシモメンソール4種類のレビュー・値段などを解説

現在も喫煙者から非常に人気がある紙巻きタバコには様々な種類がありますが、女性向けタバコブランドピアニッシモメンソールは強いメンソール感が味わえると注目を集めています。

コンビニで手に入る女性でも吸いやすいタバコとして知られ、いくつかの種類が存在します。そこで、販売中の銘柄を4種類ピックアップして詳しく解説していきます。

①ピアニッシモ・アリア・メンソール

ピアニッシモメンソールと言えば、アリアと言われるくらい定番の銘柄です。最初に販売された1995年にはセーラム・ピアニッシモとして登場し、そこから名称が変更されピアニッシモ・ワンという銘柄になりました。

2012年からはアリア・メンソールと変更しています。飽きの来ない甘味と爽やか系のミントの味わいを楽しめます。

タールの量は1mg、ニコチン量は0.1mgです。1箱に20本入っており、値段は570円です。初心者はもとより、古くからの愛煙家にも好まれる銘柄です。

②ピアニッシモ・ペティル・メンソール

2005年に宮城県と山形県限定で販売された銘柄です。その際の名称はピアニッシモ・ペシェ・メンソール・ワンでした。最初は限定品でしたが、その後すぐに全国で発売されるに至ります。その際にはピアニッシモ・ペティル・メンソールに名称が変更されました。

味わいはパッケージの見た目からもイメージできるピーチの香りとスッキリ系のメンソールが見事に調和しています。

タールの量は1mg、ニコチン量は0.1mgです。1箱に20本入っていて、値段は570円です。

③ピアニッシモ・プレシア・メンソール

金色の少し豪華さを感じさせるパッケージが目印のピアニッシモ・プレシア・メンソールは、ゴージャスさを好む女性だけでなく男性からも高級感が感じられることで人気を博しています。

おしゃれな見た目が目を惹きますが、刺激は少な目のスッキリしたミント的な感じを味わえます。強いメンソールを避けたい人におすすめの銘柄です。

タールの量は1mg、ニコチンの量は0.1mg、1箱に20本含まれています。金額は570円と他のタバコと同じです。

④ピアニッシモ・アイシーン・メンソール・5

2019年にリニューアルされ販売されたのがピアニッシモ・アイシーン・メンソール・5です。以前はピアニッシモ・アイシーン・グラシア・メンソールという名称でしたが、リニューアルに際し名称だけでなくパッケージも一新しています。

パッケージには行きの結晶のようなイラストが入っていますが、吸い応えも冷涼感の高いメンソールを感じられます。女性はもとより、メンソール好きな男性からも愛されています。

名称にある通り、タールの量は5mg、ニコチン量は0.4mgです。1箱に20本で値段は570円なのは他のタバコと同じです。

コンビニで買えるタバコ、ピアニッシモの特徴を解説

女性人気が高いピアニッシモシリーズ、コンビニでも取り扱っている種類が豊富です。
ピアニッシモの特徴を細かく見ていきましょう。

①女性らしい可愛らしいパッケージ

ピアニッシモのシリーズは元々女性をターゲットにして開発されています。そのため見た目からしても女性らしさを表すように、可愛いパッケージの物が多い傾向にあります。暗く陰鬱としたダークな雰囲気よりも、明るく華やかでおしゃれなイメージに凝っているのが分かります。

定期的に限定パッケージを販売することもあり、実際に2020年12月には「森の中のわたし」をテーマにした限定のパッケージを提供しています。いつもピアニッシモを手に取る愛煙家も、時折登場する新たなパッケージを目にして楽しめるように工夫をしています。

淡い色調のペールトーンを織り交ぜたパッケージの数々は、これまでの冷たくクールな印象を出していたメンソール系のタバコのイメージを変化させました。如何にもタバコというボックス感もなくし、まるでアクセサリーを思わせる風体が魅力的です。

②女性・タバコ初心者の方でも吸いやすい

最初から女性向けに作られていることもあり、紙巻きタバコらしい匂いが苦手な人でも吸いやすいのが特徴です。そのため女性だけでなく、男性のタバコ初心者でも抵抗感を感じることはないでしょう。

いくつも銘柄がありますが、どれもメンソール感かフルーティーさを前面に押し出しています。フレーバーも甘い感じの物が多いので、タバコ臭さが苦手な人であっても手軽に吸えるのが特徴です。タバコを吸いたくても風味が苦手な人には嬉しいことでしょう。

さらにピアニッシモの大きな特徴と言えるのが、ロングサイズであることです。細長いタバコなので適度な満足感を得られるだけでなく、優しい吸い心地が女性の心を鷲掴みにしています。

③タールが低いため匂いも少ない

ピアニッシモのシリーズはどれもタールやニコチンが少ないのが特徴です。タールは1~5mgと低いことからタバコ特有の匂いがある程度抑えられます。一般的にタバコの匂いが苦手と言われるのは、このタールが原因と言われています。匂いの元とも言えるタールが低めということは、嫌な匂いも少ないと言えるでしょう。

特に洋服や髪の毛にタバコの匂いがつくのが嫌だという女性は少なくありません。その匂い自体を抑えられることもあり、ピアニッシモが人気を集めている要因の一つとなっています。さらに、ピアニッシモはJTの最新技術が投入されています。

これはウィンストンにも採用されているという低臭気機能「LSS(旧名称はD-spec)」です。少しでもタバコの匂いが気になるという愛煙家にとって、ありがたい機能と言えます。

④ピアニッシモの発祥はセーラム

ご存じの通り、ピアニッシモは日本たばこ産業(JT)が製造販売をしています。しかし、日本で開発されたものではなく、実はアメリカの大手タバコメーカーであるR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーが製造していたセーラムというブランドの一つでした。

長くR.J.レイノルズが製造してきましたが、2004年にJTが海外部門の買収を行います。それにより、ピアニッシモのブランドが独立させています。2005年からJTが取り扱うようになり、国内生産へと移りました。

その後は他のブランドの追加をしたり、JTのメンソールブランドもピアニッシモに統合するなど進化を続けています。こういったタバコの銘柄一つとっても起源や知られていなかったストーリーがあります。ピアニッシモを吸う際にこういった歴史を調べると、より味わい深くなるかもしれません。

ピアニッシモが好きな方には電子タバコ・ベイプもおすすめ

あらゆる魅力を持つピアニッシモブランドのファンという女性は大勢います。いつもピアニッシモの味わいを楽しみ、タールが低いから匂いも少ないということで選んでいる方もいるでしょう。しかし、ピアニッシモを楽しんでいる方は電子タバコ・ベイプを吸ってみてはいかがでしょうか。

電子タバコ・ベイプはその名の通り火を使わない電気によって蒸気を発生させ、それを吸う嗜好品です。実はベイプの特徴はピアニッシモブランドに非常に似ています。ベイプは電子タバコという性質上タールは使われていません。一酸化炭素も含まれていないので健康的にも良いですし、当然ですが嫌な匂いはありません。

見た目的にも華やかな物が多く、コレクションしたくなる可愛いデザインのタイプが揃っています。しかも、ピアニッシモを購入するよりもお得に手に入れることが可能です。コスパについてもベイプは5000円で購入すると約5000回吸うことができます。一般的な紙巻きタバコと比べると14~15箱分相当です。

▶️MyMoods|取扱銘柄・フレーバー90種類の取扱い

My Moodsでは電子タバコ・ベイプを約90種類取り扱っています。ニコチンなしのタイプはもちろん、ニコチンありのタイプも個人輸入という形で手に入れることができます。もちろん日本語に対応していますし、クレジットカードでの支払いも可能です。安心安全に購入できますので、気になる方はぜひチェックしてください。

ブログに戻る