シーシャ(水タバコ)とタバコはどっちが体に悪い?健康被害・依存性などを徹底検証

シーシャ(水タバコ)とタバコはどっちが体に悪い?健康被害・依存性などを徹底検証

シーシャ(水タバコ)とタバコ、どっちが体に悪いか気になったという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、シーシャとタバコの成分を比較し、検証しながら、健康被害、依存性を解説していきます。

シーシャ(水タバコ)は体に悪い?健康被害は?

最近話題のシーシャ(水タバコ)に興味を持ったものの、身体に悪いからという噂を聞いて勇気が出ないという方も多いかもしれません。

シーシャは水で濾過した際に出る煙を長いパイプで吸う嗜好品であり、中東では一般的なタバコの一種です。

そのシーシャを吸うと健康被害を負うと言われていますが、それは本当なのでしょうか?ここでは、シーシャの成分は身体に悪影響を与えるのか、気になる有害性について解説します。

シーシャの身体に悪い成分

シーシャ(水タバコ)は独特の装置を使い、長いホースで煙を吸い取る嗜好品です。燻されたタバコ葉から出る煙を水にくぐらせ、濾過したものを吸います。煙が一旦水をくぐることから、タバコ葉の持つ刺々しさがなくなり、マイルドで柔らかい味わいを堪能できるのが、シーシャの特徴です。

シーシャは紙巻きタバコと同じくタバコ葉を使います。そのためタバコ葉に含まれるニコチンやタール、一酸化炭素も同じように吸うことになりますので、身体に悪いと言われる意見は否定できません。

一般的にも知られている通り、ニコチンには依存性があり、タールは発がん性物質が含まれ、一酸化炭素中毒になる可能性もあります。この点は紙巻きタバコとまったく同じです。実際に日本国内でシーシャを吸った際に一酸化炭素中毒に陥り、救急搬送されたという実例が1件ですが存在します。

ニコチンフリーのシーシャの有害性は?

シーシャの中にはニコチンフリーと呼ばれる、完全にニコチンが排除された物も提供されています。

しかし、タールと一酸化炭素は含まれています。一説によると1度シーシャを吸うと紙巻きタバコ1本と比べ最大9倍の一酸化炭素に晒されると言われています。

そのためニコチンフリーであるからと安心できるわけではなく、シーシャには有害性がないとは言い切れないようです。

シーシャ(水タバコ)とタバコはどっちが体に悪い?

シーシャ(水タバコ)が有害と言うのであれば、普通の紙巻きタバコで十分と思っている方もいるかもしれません。

健康被害を考えて同じなら、身近にあるタバコを吸えばいいと考えるのは普通でしょう。

では、実際にシーシャと紙巻きタバコはどちらの方が身体に悪いのでしょうか?細かい点から検証してみました。

シーシャのニコチン・タールはタバコよりも少ない

紙巻きタバコはタバコ葉に直接火を点けることでその煙を吸い込みます。しかし、シーシャは発生した煙を一旦水を通して濾過します。この水を通すことで含まれているニコチンやタールは紙巻きタバコよりも減少します。直接煙を吸うか、間で水を通すかによって大きな違いが生まれます。

さらに紙巻きタバコを吸う人の多くが肺まで煙を吸い込む肺喫煙をしていますが、シーシャの吸い方にはふかすと言われる口腔喫煙も含まれます。口に入れて吐き出すことで風味を感じることができ、口腔喫煙の場合、ニコチンやタールの摂取量も抑えることが可能です。

しかし、シーシャは一度吸うだけで大体1~2時間はかかります。結果的に長い時間がかかり、煙を吸う量も多くなります。そのためニコチンやタールの摂取量も増えてしまう可能性が高いので、その点には注意しましょう。

シーシャとタバコの有害成分の比較

結論、シーシャの方がタバコよりも有害成分は少なめです。吸う時間や実際に吸う本数によっても異なりますが、基本的に含まれている成分が少ないのがシーシャです。

市販されている一般的なタバコの煙には、ニコチンやタール、一酸化炭素以外にも複数の有害物質が含まれています。意外と知られていない事実として、毒素として有名なヒ素やアンモニウムといった約5300種類の化学物質が含まれることが分かっています。タバコが身体に悪いと言われる原因は、最も知られているニコチンやタールだけでなく、複数の化学物質が理由と言えるでしょう。

一方のシーシャに含まれる成分は、ニコチンやタール、一酸化炭素がありますが、それ以外には香料やシロップ、グリセリン、プロピレングリコールといった物質が主成分とされています。これらが身体に悪いのは事実ではありますが、タバコの成分と比較すると明らかに少ないのが分かります。

シーシャ(水タバコ)を手軽に体験するならポケットシーシャ

シーシャ(水タバコ)を日本国内において楽しむにはシーシャバーといった専門店へ行く必要があります。自宅でシーシャを吸いたい方は大きな本体を購入し、自ら炭で火を起こしてタバコ葉を燻し、水を通した煙を長いホースで吸いますが、非常に時間と手間がかかります。

もっと手軽にシーシャを体験してみたいという方はポケットシーシャを利用するのがおすすめです。

ポケットシーシャはその名の通りポケットに収まる程度の小型の電子タバコです。持ち運びシーシャとも呼ばれ、誰でも手軽に簡単にシーシャ体験を堪能でき、世界的にも人気を集めています。

国内ではノンニコチンのみが取扱われていますが、個人輸入サイトなどを通じて購入すれば国内でニコチンありのシーシャを楽し無ことが可能です。

▶️MyMoods|日本語対応の個人輸入サイト

シーシャ(水タバコ)もタバコも吸い過ぎには注意することが大事

シーシャ(水タバコ)は一般的に取り扱われている紙巻きタバコよりも有害成分は少ないのが特徴です。

しかし、まったく健康被害がないというわけではありません。シーシャはあくまでタバコ・嗜好品の一種ですので、結局のところは用法や用量を守って正しく使用することが大切です。

シーシャは長い時間をかけて吸うものであるため、ハイペースで吸うと一酸化炭素中毒やヤニクラする可能性があります。タールも微量は含まれているので推過ぎには十分注意しましょう。

ブログに戻る