電子タバコにニコチン・タールは含まれている?加熱式タバコとの違い、仕組みまで解説

電子タバコにニコチン・タールは含まれている?加熱式タバコとの違い、仕組みまで解説

最近見かけることが多くなってきた電子タバコですが、紙巻タバコと同じように、ニコチンやタールは含まれているのでしょうか?

本記事では、電子タバコの成分や、加熱式タバコとの違い、仕組みまで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

電子タバコとは

近年話題を集めている電子タバコは、煙ではなく蒸気を吸う嗜好品です。タバコの葉を使用していないため厳密にはタバコ製品として販売されていません。

タバコ葉の代わりとなるリキッドと呼ばれる味や風味の付いた液体を装着し、これを電気加熱して発生した蒸気を吸い込みます。一般のタバコと区別される理由として、タバコ葉を使わないこととニコチンを含めていないことが挙げられます。海外にはニコチン入りリキッドもありますが、国内では法律上販売はしていません。

電子タバコと呼ばれる物の中には加熱式タバコも含まれることがあります。アイコスやグローといった加熱式タバコはタバコ葉を使用しています。ヒートスティックと呼ばれるタバコ葉とフィルターで構成されたスティックを使用するのが特徴です。本記事において解説する電子タバコは、ヒートスティックを使用していない物を指しています。

電子タバコにニコチン・タールは含まれている?

一般的な紙巻きタバコの特徴と言えば、ニコチンやタールが含まれていることが挙げられます。

では、電子タバコには含まれているのでしょうか?タバコ特有の香りや風味を味わいと言う方のために、電子タバコにニコチンやタールが含まれているのか解説していきます。

①電子タバコのニコチンについて

世界で人気を呼んでいる電子タバコですが、海外で普通に販売されている物はニコチンが含まれている物と含まれていない物があります。

日本国内で製造販売される電子タバコは薬機法により、ニコチン入りの電子タバコはありません。

ニコチン入りの電子タバコを吸いたいときは、海外から取り寄せる個人輸入を使用する必要があります。個人輸入サイトを利用して、購入することで、国内でも利用することが可能です。

②電子タバコのタールについて

タールはタバコ葉を燃やすことで発生するので、葉を使用していない電子タバコには含まれていません。

紙巻きタバコにはもちろんタールが含まれていますが、加熱式タバコもタバコ葉を使用しているため微量ながらタールが含まれます。

そのため、歯や部屋の着色を気にするという方には、電子タバコは非常におすすめです。

電子タバコと加熱式タバコの違い

電子タバコと加熱式タバコは時折同一視されますが、厳密にはまったく異なる物です。

最も大きな違いとしては、過熱をしている物です。電子タバコが加熱しているのはリキッドと呼ばれるフレーバーの入った液体です。このリキッド次第で風味や味わいが変わる、電子タバコにとっても非常に重要な液体です。一方の加熱式タバコが加熱するのはタバコ葉の含まれたヒートスティックです。

電子タバコはタールを含まず、国内製造販売されている物に関してはニコチンも含まれないのが特徴です。加熱式タバコの場合は、ニコチンもタールも含まれています。

ニコチンありの電子タバコを国内で利用する方法

タバコを吸うのであれば、やはりニコチン入りの物が良いという方は少なくありません。

以下では、国内でニコチンありの電子タバコを吸える方法を2つ紹介します。

①個人輸入サイトを利用する

ニコチン入りの電子タバコを手に入れる最もおすすめの方法は、個人輸入サイトを利用することです。個人輸入サイトを利用すると、誰でも簡単にニコチン入り電子タバコを購入でき、国内で楽しむことができます。

当サイトは日本語対応、クレジットカード決済にも対応しているため、簡単に購入可能です。不明点などについても、日本語スタッフが対応いたしますのでご安心ください。

当サイトでは、90種類以上のフレーバーを取り揃えているので、お気に入りのフレーバーに出会えると思います。

▶️ニコチンありの電子タバコをチェック

②海外で購入して日本へ持ち帰る

海外へ頻繁に旅行する方、仕事で海外出張に出掛けることが多い方は、自身で直接ニコチン入り電子タバコを購入して国内に持ち込むことも可能です。アメリカやオーストラリア、韓国といった国ではニコチン入り電子タバコが手に入りやすいです。普通にお店で売っていますので、比較的簡単に購入できます。

しかl、日本国内に持ち帰る際には税関で申告しなければいけません。この際、薬機法という法律により、あまりにも大量に持ち込むと没収される可能性があります。

個人で楽しむ程度の数であれば良いですが、他人に譲ったり売ったりする目的での持ち込みは法律違反となりますので注意しましょう。持ち込みには関税もかかりますが、16,666円以下であれば免税対象です。

電子タバコの健康に対する影響は?

電子タバコに含まれる成分は、主にプロピレングリコールと植物性グリセリン、香料です。プロピレングリコールは市場販売されている化粧品や食品に普通に使用されています。また喘息の薬にも含まれています。

植物性グリセリンも同様で、美容液を始め、保湿剤や保存剤といった化粧品には欠かせない代物です。稀に危険と言われる理由として、高温で加熱をして沸騰させると発がん性物質を発生させると言いますが、電子タバコは沸騰しません。

香料も普通に食品や化粧品に含まれています。現在生活をしている中に紛れている物ばかりですので、健康への悪影響は限りなく低いです。

電子タバコは禁煙エリアで吸える?

電子タバコを吸っている姿を見ると、吸わない人からすれば普通にタバコを吸っているように見えるでしょう。

電子タバコだから何処でも吸っても良いだろうと、道端や店舗内で吸う人もいます。吐き出している蒸気は受動喫煙に当たらないと言っても、周囲の人からは嫌悪感を覚えられるのが一般的です。

電子タバコを吸うときもマナーを守る必要があります。禁煙エリアや路上で吸うのではなく、喫煙スペースで吸うように心掛けましょう。

ニコチンありの電子タバコを買うなら個人輸入サイトがおすすめ

ニコチン入りの電子タバコを吸いたいと考えている方は個人輸入サイトを利用するのがおすすめです。

当サイトMyMoodsでは、4つのブランドのニコチン入り電子タバコと、1ブランドのニコチンなし電子タバコを取り扱っています。フレーバーの数も90種類以上取り揃えていますので、好みの味が見つかるはずです。

当サイトは日本語対応、決済方法もクレジットカードに対応していますので、安心安全簡単に電子タバコをお楽しみいただけます。

▶️MyMoods|90種類以上の電子タバコを取り揃え

ブログに戻る